いぬのしつけの情報

外に出かけた時だけでなく、屋内でもマーキングをする飼い犬が割といるようです。

外出中だけでなく、部屋の中でもマーキングをするワンちゃんが存在するようです。こういった飼い犬は屋内の所かまわず小便をするので、大変迷惑です。マーキングをさせない策としては、成犬になる前に避妊手術や去勢手術を行うことが大事な場合が多いです。しかしそれとあわせて、家の中でおしっこをした時はその際のおしっこのニオイを丹念に消臭する事が大切です。

散歩に出た時だけでなく、屋内でもマーキングをする飼い犬が割といるようです。

  • 外だけでなく、
    お家の中でさえマーキングをする飼い犬もいるようです。
    このタイプのワンちゃんは家のいたるところでマーキングをするので、
    すごく困ります。
    マーキングをさせない手法としては、
    大きくなる前に避妊や去勢手術をするのが効果的です。
    しかしそれとは別に、
    家の中でおしっこをした時はその部分の臭いを入念に消すことがポイントです。
    このように行動すると、
    室内でマーキングしても意味がないと認識させます。
    同時に室内でマーキングするケースでは、
    何らかのストレス要因があることがだいたいですから、
    それを探って解決してあげる事です。


  • 可愛い顔をしたパグですが、何かの瞬間に唐突に飛んだり走ったりする・・

    癒し系のパグですが、何かが起きた際に唐突に飛んだり走ったりする癖を持っている子も多いです。そんなパグの興奮癖を直す手段ですが、待てを習得させることで改めることが可能です。パグが走り出しそうになったら落ち着かせて、待ての指示を出す事で激しく動くのを止めさせる事がたやすく出来ます。

    親しみのある顔のパグですが、何かの拍子で突如として強烈な動きをし始める癖・・

  • 愛嬌のある顔のパグですが、
    何かのはずみで急に激しく動き出す習性を持っている犬も割といます。
    そういうパグの癖を直す方法ですが、
    待てをマスターさせることで改めることが可能です。
    パグが興奮して来たら一旦身体を押さえて止めて、
    待てと伝えることによって興奮して暴れ回るのを静止させることがたやすく出来ます。
    飛び回る癖のあるワンちゃんは、
    この様に待てのしつけを完璧に覚えることが意味のある事になるのです。


  • 愛犬がボールを口から出さず人に返還しないと、そこまで…

    ワンちゃんがボールを噛みついたまま飼い主に返さないと、その状態で終了です。ボールを人に返還することによってずっと遊べるということをマスターさせるために、ボールで遊ぶ時はボールを飼い主に差し出したらヨシヨシしましょう。ボールを差し出したら思いっきり褒める行為を続けていると、ボールを差し出すことが肝心なのだと分かってきます。

    ワンちゃんがボールを口に入れたまま飼い主に渡さない・・

  • ワンちゃんがボールを口に入れたまま飼い主に返さないと、
    そこまでで結末を迎えてしまいます。
    ボールを人間にあげると、
    遊びが続くということを頭に入れてもらうために、
    ボールを使って遊ぶ際はボールを人に返還したらめいっぱい褒めると効果的です。
    ボールを差し出したらヨシヨシしていると、
    ボールを差し出すことが不可欠なのだと分かるようになります。
    それと、
    修行をしながら遊んでいると飼い主とのコミュニケーションにもなります。



  • ワンちゃんを叱る際によくあるのが、名前を連呼しながら怒鳴っている飼い主です。

    犬を怒る時によく聞くのが、名前を言いながら叱る飼い主です。この行動は最善策ではありません。褒める時も、悪いことをしても名前を呼ぶと、ワンちゃんは困って、自分の思い通りに考えてしまいます。叱っている時は名前を言わず、低い声をだして目を見つめて叱るのです。あわせて、長々と怒るとどうして怒られているのか不鮮明になってしまうので、不適切なことをした時にはすぐさま叱るようにし、それが続くと、「これは怒られることなのか」と分かっていくのです。

    ワンちゃんを叱る際によくあるのが、名前を言いながら叱る飼い主です。

    飼い犬を怒る際に多いのが、
    名前を言いながら叱る飼い主です。
    この行動は最善策ではありません。
    褒める時も、
    良くないことをした時でも名前を言うと、
    ワンちゃんは意味が分からなくなり、
    勝手な解釈をされかねません。
    怒る時は名前は発しないようにし、
    低い声で犬の目を見ましょう。
    そして、
    時間がかかると犬は何をして怒られたかあやふやになってしまうので、
    不適切なことをした時にはすぐさま叱るようにし、
    それが続くと、
    「なにやらこれをした後は怒られるぞ」というふうに学んでいきます。
    しつけは粘り強さが必要です。
    再三同じことを繰り返しましょう。



    ワンちゃんが遊ぶのは、獲物捕獲の訓練と仲間と一緒に生存することです。

    ワンちゃんが遊ぶ意味は、獲物捕獲の訓練と仲間と手を取り合って生活をすることです。飼い主がいれば獲物を捕らえる必要はなく、運動を行わないと力が有り余ってしまい、余ったエネルギーを噛みついたりすることで使うようになります。犬は何かをすることが好きです。活動しないと不満がたまって噛みついたりするようになることもあります。

    犬が遊ぶ理由は、狩猟の特訓と仲間と繋がって暮らすことです。

  • ワンちゃんが遊ぶ意味は、
    狩り兼ねているのと仲間と共に生きていくことです。
    家では獲物を狙うこともなく、
    運動を行わないと力が有り余ってしまい、
    有り余ったパワーを吠える、
    噛むといった行動で放出させるようになります。
    犬は体を動かすことが大好物です。
    活動しないと苦痛になり攻撃的になることがあります。
    ちゃんと遊ばせ力を有り余らないようにさせれば、
    こういった行動にはうつりません。



  • ワンちゃんが吠え続けてしまうという状態においては、ストレスが多くなってい…

    ワンちゃんがずっとなく時があるという場合、不満がたまっていることが多いです。愛犬がストレスを受けるような雰囲気ではないか今の状況を確認してみましょう。くわえて犬がなくのは相手にしてほしいという合図の場合もあり得ます。普段なかなか遊んであげていないなと思い当たる節があるのなら、飼い犬と触れ合う時間を十分に作ってあげるようにしてください。

    飼い犬がずっとないてしまうという場合、ストレスをため込んでいる…

  • 犬がなきやまないという場合、
    ストレスが多くなっていることが考えられます。
    ワンちゃんがストレスをためてしまうような環境になっていないか飼育環境を確認してみましょう。
    それだけでなく吠え続けるのは一緒に遊んでもらいたい場合もあります。
    日頃それほど相手にしていないなと思われる場合は、
    犬と一緒にいる時間を多くセッティングするようにしましょう。



  • まず最初に覚えさせたいのがトイレです。

    まず最初に覚えさせたいのがトイレです。 まず最初にマスターさせたいのがトイレです。おしっこをしてほしい所にトイレのシートなどを使用し犬の排泄物のニオイを付着させます。尿は犬を買ったところから手に入れると良いでしょう。朝目が覚めたら犬のコンディションが良ければ、トイレへ行くよう促します。このときに抱き上げて行くよりワンちゃんが自分で向かって行く方がどこにトイレがあるか習得するのがとんとん拍子にいきます。

    初めに行いたいしつけがトイレです。

    初めにマスターさせたいのがトイレです。
    ペットシーツなどトイレをして欲しい場所に本人の尿を置いておきます。
    おしっこは購入したところから入手しましょう。
    起床時犬の様子を観察して、
    トイレの方へ連れていきます。
    この際だっこするよりも自ら歩いて向かう方がトイレのエリアを把握するのがスピーディです。
    飼い犬がトイレのポジションを記憶するまでは、
    人間がトイレまで促しましょう。



    ワンちゃんが小さい頃は甘噛みをしょっちゅうします。

    ワンちゃんが小さい頃は甘噛みをよくします。可愛がっているし、さほど痛くもありませんから、叱らない飼い主さんも多いようですが、大きな犬と戯れるような感じで飼い主を容赦なく噛んでしまうことも起こり得ます。私も子犬の頃に直さず、大きくなって1歳になってから思い切り噛まれた際に痛くてしつけるようになったのです。

    子犬の頃には甘噛みをしょっちゅうします。

  • 犬が子供のうちは甘噛みをよくします。
    可愛いですし、
    とても痛いということでもないので、
    大目に見る人も結構いるようですが、
    大きな犬と一緒にふざけあっているように飼い主さんやそのお子さんを強めに噛みつく可能性もあります。
    私に関しても成犬になる前に正さず、
    大きくなって1歳を超えてからガブっとされた時に痛くてしつけをスタートしました。
    噛まれた時には最初に、
    低めの声で叱るようにしましょう。
    それをやっても効果がないのなら、
    ガブリとされた方の手を犬の口の中に入れ込みます。
    それをすることによって、
    その気持ち悪さから、
    噛むことが恐ろしくなるのです。
    軽く噛んだだけだから、
    とは思わず早いうちからトレーニングするのが適しています。



  • 我が家のラビ君は去勢手術をしてもらっていません。

    うちで飼っているラビ君は去勢の手術を受けていません。マーキングばかりで、家中にあちこちトイレをするのです。自分の家だったら前の状態にできるので大丈夫ですが、遊びに来た人におしっこをかける時もあるので、とんでもなく手を焼いています。いつもの先生に相談はしたものの、完全な作戦は頭に浮かばないようです。

    我が家のラビ君は去勢手術をしてもらっていません。

    うちの子のラビ君は去勢を施してはいません。
    マーキングを度々して、
    自宅にそこら中におしっこをかけまくります。
    自分の家だったら綺麗にすることはできるので大丈夫ですが、
    訪問者に対してもマーキングをしたりするので、
    大変手を焼いています。
    かかりつけの病院で話してみたのですが、
    完全な作戦は考えられないみたいです。
    なにかいい方法はないものでしょうか?



    ワンちゃんが子供の頃は飛びつかれても癒されますが、子どもでないのに飛びついてくるのなら…

    ワンちゃんが子供の頃は飛びつかれても可愛いものですが、成長してからも飛びつくのならとても危ないです。よってよく飛びつくワンちゃんは、小さいうちに良くしておくことが重要なのです。悪化させてしまうのは、飛び掛かってきた時に大きな声で応対する事です。乗り気でなかったとしてもワンちゃん側は、面白がっていると誤解してしまいます。

    大人になるまでは飛びついてくるのも可愛げがありますが・・

  • ワンちゃんが子供の頃は飛びつかれても愛おしいですが、
    大人になってもいまだに飛びつくようだととてもこわいです。
    よって頻繁に飛びついてくる犬は、
    子犬の段階でなおしておくことが大事だったりします。
    最も良くないのは、
    飛びつき行為があった時に高い声を出してやり取りをすることです。
    やめてほしくても犬は、
    嬉しいのだと誤解してしまいます。
    だから怒るのならワンちゃんの目に視線を合わせて、
    低い声を出すように心がけて、
    駄目、
    いけない、
    などと知らせるようにします。
    そのようにして犬が飛び付くのを止めたら、
    大きく褒めてあげると改めることが可能になります。